トビ

とんだ京の新名物 鴨川中心、20年で倍増 食べ物狙われ、けが人も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三条大橋周辺で観光客の頭上を飛ぶトビ=京都市中京区で2018年5月16日、川平愛撮影
三条大橋周辺で観光客の頭上を飛ぶトビ=京都市中京区で2018年5月16日、川平愛撮影

 京都市の中心部でトビが増え続けている。広げると1.5メートルにもなる翼で滑空して人間の手から食べ物を奪い、けが人が出る場合も。出没エリアも拡大し、国内外の観光客でにぎわう、鴨川に架かる三条大橋や四条大橋周辺でも目立つ。研究者は「市街地にこれだけのトビがいるのは全国でも異例。増え過ぎて飽和状態」と指摘する。【南陽子】

 京都駅に近く、京都水族館や京都鉄道博物館もあって家族連れでにぎわう下京区の梅小路公園。芝生広場で女性の悲鳴が上がった。手にしていた食べ物を数羽のトビが奪おうとしていた。「飛んで来るようになったのは4、5年前から」と公園の管理事務所の担当者が話す。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1217文字)

あわせて読みたい

ニュース特集