メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トビ

とんだ京の新名物 鴨川中心、20年で倍増 食べ物狙われ、けが人も

三条大橋周辺で観光客の頭上を飛ぶトビ=京都市中京区で2018年5月16日、川平愛撮影

 京都市の中心部でトビが増え続けている。広げると1.5メートルにもなる翼で滑空して人間の手から食べ物を奪い、けが人が出る場合も。出没エリアも拡大し、国内外の観光客でにぎわう、鴨川に架かる三条大橋や四条大橋周辺でも目立つ。研究者は「市街地にこれだけのトビがいるのは全国でも異例。増え過ぎて飽和状態」と指摘する。【南陽子】

 京都駅に近く、京都水族館や京都鉄道博物館もあって家族連れでにぎわう下京区の梅小路公園。芝生広場で女性の悲鳴が上がった。手にしていた食べ物を数羽のトビが奪おうとしていた。「飛んで来るようになったのは4、5年前から」と公園の管理事務所の担当者が話す。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 志村けんさんへ議場の全員で「アイーン」 東京・東村山市が名誉市民授与

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  5. 渡哲也さんは「高倉健さんと双璧の一種美学の男」 脚本家の倉本聰さん寄稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです