メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

男子トマス杯・女子ユーバー杯 日本男子決勝へ

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯第6日は25日、バンコクで準決勝(3戦先勝方式)が行われ、2014年以来の優勝を目指す男子は、前回王者のデンマークに3-2で競り勝ち、2大会ぶりの決勝へ進んだ。

 27日に中国と対戦する。

 シングルスで桃田賢斗(NTT東日本)が昨年の世界王者で世界ランク1位のビクトル・アクセルセンに2-0で快勝し、西本拳太、常山幹太(ともにトナミ運輸)もストレート勝ちした。ダブルス2組は敗れた。

 37年ぶりの優勝を目指す女子は26日午後1時(日本時間同3時)に決勝で地元タイと戦う。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文724文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです