メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サクランボ

最盛期前に機運高まる 「さくらんぼ県」PR 子育てママの収穫バイト、空港にはオブジェ /山形

 サクランボの収穫最盛期となる6月を前に、生産量日本一の県内では「子育てママ」らをターゲットにした収穫アルバイトの呼び掛けや、本物そっくりのオブジェによるPRなど、「さくらんぼ県」ならではの取り組みが目立ってきた。今年の予想収穫量は平年並みで、大玉で高品質なサクランボの収穫が見込まれており、関係者の期待も高まっている。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです