春日部駅

高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 春日部市の中心部を東西に分断する東武スカイツリーライン(伊勢崎線)とアーバンパークライン(野田線)、春日部駅を高架化する立体交差事業が2019年度中に着工される見通しとなった。高架化が実現すれば同駅北側の10カ所の踏切がなくなり、交通の利便性が格段に高まる。事業主体の県、市と東武鉄道の3者は6月23日から住民説明会を開く。【古賀三男】

 関係者によると、高架化の対象区間は、伊勢崎線が内谷陸橋付近から古隅田川付近まで約1・4キロの区間。野田線が同陸橋付近から八木崎駅付近まで約1・5キロの区間で、両区間の踏切10カ所がなくなる。春日部駅前の東西ロータリーも整備され、バスターミナルが新設される予定。工事期間中は同駅を東西に貫く地下道を歩行者用に設ける。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文686文字)

あわせて読みたい

注目の特集