メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚23万人の花火大会

手持ち花火、ギネス挑戦 8月開催、同時点火2300人募る /兵庫

「宝塚23万人の花火大会」が開かれる宝塚大劇場そばの武庫川河川敷=兵庫県宝塚市で、石川勝義撮影

 手持ち花火を同時に点火した人数で世界最多を狙う「宝塚23万人の花火大会」が8月11日、宝塚大劇場(宝塚市栄町1)そばの武庫川河川敷で開かれる。2016年から休止になっている「宝塚観光花火大会」を再開する機運を高めようと、宝塚商工会議所青年部などでつくる実行委員会が参加者を募っている。【石川勝義】

 宝塚観光花火大会は1913年からほぼ毎年開催され、2015年には約5万3000人が訪れた。しかし、マンション建設のため16年に会場を武庫川観光ダム一帯(宝塚大橋上流)から市役所横の武庫川河川敷に移すことになり、これを機に主催する市は歳入見通しが厳しいなどと…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです