宝塚23万人の花火大会

手持ち花火、ギネス挑戦 8月開催、同時点火2300人募る /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「宝塚23万人の花火大会」が開かれる宝塚大劇場そばの武庫川河川敷=兵庫県宝塚市で、石川勝義撮影
「宝塚23万人の花火大会」が開かれる宝塚大劇場そばの武庫川河川敷=兵庫県宝塚市で、石川勝義撮影

大会再開へ、機運高め

 手持ち花火を同時に点火した人数で世界最多を狙う「宝塚23万人の花火大会」が8月11日、宝塚大劇場(宝塚市栄町1)そばの武庫川河川敷で開かれる。2016年から休止になっている「宝塚観光花火大会」を再開する機運を高めようと、宝塚商工会議所青年部などでつくる実行委員会が参加者を募っている。【石川勝義】

 宝塚観光花火大会は1913年からほぼ毎年開催され、2015年には約5万3000人が訪れた。しかし、マンション建設のため16年に会場を武庫川観光ダム一帯(宝塚大橋上流)から市役所横の武庫川河川敷に移すことになり、これを機に主催する市は歳入見通しが厳しいなどとして休止。市民団体が、市議会に再開を求める請願を提出し、昨年10月に全会一致で採択されている。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文697文字)

あわせて読みたい

ニュース特集