第100回全国高校野球

広島大会 7月7日開幕 開会式、登録外3年生参加も /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県高校野球連盟は25日、第100回全国高校野球選手権広島大会(県高野連、朝日新聞社、県教委主催)を7月7日開幕、同24日決勝とする日程を発表した。100回大会を記念し、選手登録外の全ての3年生部員が参加できる開会式を初めて実施。また、第1回の全国大会に出場した県立広島中(現在の県立広島国泰寺高校)の野球部員1人が、当時のレプリカユニホームを着て先導を務める。

 二つの連合チームを含む92校89チームが参加。会場は開会式、決勝を行うマツダスタジアム(南区)など8球場で、春季大会8強(広島新庄、西条農、呉港、呉、大竹、呉工、広、如水館)がシードされた。組み合わせ抽選会は6月23日午後1時半から行われる。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文497文字)

あわせて読みたい