民泊

届け出手続き、住宅の条件など説明会 新法施行前に県 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一般住宅に旅行者を泊める「民泊」が可能となる住宅宿泊事業法(民泊新法)が来月15日に施行されるのを前に、県は23日、県庁で説明会を開いた。事業者や自治体職員ら約40人が参加し、県の担当者が届け出の手続きなどを説明した。

 民泊新法では、都道府県知事に届け出れば、年間180日を限度に民泊の営業が可能になる。今年3月に事前の届け出の受け付けが始まったが、県…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集