米朝首脳会談

「まだ可能性」 トランプ大統領、交渉継続明言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】トランプ米大統領は6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止に踏み切り、北朝鮮に完全な非核化を迫る姿勢を強めている。一方で、トランプ氏は25日、ホワイトハウスで記者団に「彼らも我々も(会談を)望んでいる。12日開催の可能性はまだある」と述べ、首脳会談に向けた両国間の交渉チャンネルが再開していることも明らかにした。硬軟両様の対応で、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の出方を見極める方針だ。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮は25日、金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官の名義で談話を発表し、「関係改善に首脳会談が切実に必要」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文953文字)

あわせて読みたい

注目の特集