米朝首脳会談

中止 安倍首相「動き再開に期待」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ロシア訪問中の安倍晋三首相は25日午後(日本時間同日深夜)、サンクトペテルブルク経済フォーラムでの講演後の質疑で、「米朝首脳会談を今後も追求していく必要がある。問題解決には必要不可欠だ」と述べた。その上で「会談に向けて動きが再び出ることを期待する」と語った。中止発表の理由については「残念ながら、北朝鮮の対応にさまざまな問題があったのは事実だろう」と指摘した。

 講演に先立ち、首相は記者団に「トランプ氏の判断を尊重し支持する」と述べ、引き続き米国と連携して対応する姿勢を強調していた。27日に帰国後、速やかにトランプ氏と電話で対応を協議する考えだ。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文666文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集