メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢シーパラダイス

カワウソ双子と公開散歩や撮影会

間近で記念撮影できる、ひらり(左)ときらり=三重県伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで2018年5月25日、尾崎稔裕撮影

 野生カワウソの保護活動に取り組む英国の国際カワウソ生存基金(IOSF)が制定する「世界カワウソの日」の30日、三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」では、昨年4月に誕生したツメナシカワウソの雄の双子「きらり」と「ひらり」の公開散歩や撮影会を行う。

 飼育舎の外に出た姿を間近で撮影できるチャンスで、同館では「カワウソの厳しい状況を知ってもらいたいが、まずは、楽しみながらベストショットの撮影にチャレンジして」と呼びかけている。

 現在、国内で飼育されているツメナシカワウソは7頭で、同館(母子4頭)、高知県立のいち動物公園(1頭)、仙台うみの杜水族館(カップル2頭)。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想の住民投票始まる 深夜に大勢判明 大阪市廃止の賛否問う

  2. 伊藤詩織さんが「虚偽告訴」「名誉毀損」? 「書類送検」報道を考える

  3. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ミス、コピペ続々…予算の無駄削減やる気ない政府 「行政レビュー」誤記 民の監視も阻害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです