メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラマ

「おっさんずラブ」何が視聴者を引き付けるのか

5月26日放送の「おっさんずラブ」第6話の一場面。左から田中圭さん、吉田鋼太郎さん=テレビ朝日提供

 男同士の恋愛を描いたテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」(土曜午後11時15分)が話題になっている。深夜番組のため視聴率(関東地区・ビデオリサーチ調べ)は1桁台と高くはないが、放送直後にはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で関連の話題が急増。見逃し番組の動画配信サービス「TVer(ティーバー)」の再生回数は各局の看板ドラマを押しのけ、常に上位に位置する。何が視聴者を引き付けているのだろうか。【井上知大】

 ドラマは、女性にモテない不動産会社勤務の33歳、春田創一(田中圭さん)が主人公。ある日、尊敬する上司で既婚者の黒澤武蔵部長(吉田鋼太郎さん)と、会社の後輩、牧凌太(林遣都さん)から愛の告白を受ける。人として好きなだけに、困惑する春田の姿を軸に描くラブコメディーだ。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです