メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

津田雄一プロマネに堀江貴文さんがエール

宇宙開発や宇宙探査について語り合う津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(右)と実業家の堀江貴文さん=東京都文京区の宇宙ミュージアム「TenQ」で2018年5月26日、永山悦子撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」の津田雄一プロジェクトマネジャーと、日本初の民間単独開発によるロケット開発に取り組む実業家の堀江貴文さんが26日、東京都内で初めて対談した。堀江さんは「ぜひ大成功させてほしい。はやぶさ2が成功して、はやぶさ3、4のときに、ぼくたちのロケットで打ち上げられればと思う」とエールを送った。津田さんは「宇宙の誰も行ったことがないところに行って帰ってくるという魅力、夢を多くの人に知ってほしい」と呼びかけた。

 はやぶさ2は今年6月下旬~7月上旬に、目的地の小惑星リュウグウへ到着予定。津田さんは今後について、…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです