メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

記者会見をする関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター。奥は被害選手の父・奥野康俊さん=兵庫県西宮市で2018年5月26日午後3時31分、小出洋平撮影

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京都調布市)で日大の守備選手の悪質な反則タックルで関学大QBがけがをした問題で、関学大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターが26日、兵庫県西宮市の関学大キャンパスで記者会見を開き、抗議文に対する日大の再回答書(24日付)を公表した。日大の内田正人前監督について「選手に反則行為をうながすような指示や言動は確認できない」とした内容で、関学大は「誠意ある回答として受け取ることはできない」として、今年まで51回続いた定期戦を「十分な信頼関係を取り戻すまで中止する」と発表した。

 再回答書は表裏を合わせて計9ページ。内田前監督や井上奨(つとむ)元コーチ、選手らから聞き取り調査をしたが、23日に内田前監督らが行った記者会見内容に沿った再回答となった。井上元コーチのタックルをした日大選手への指示についても「相手選手にけがを負わせることを指示したり、意図したものとまで結論づけることはできない」とした。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです