メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

記者会見をする関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター。奥は被害選手の父・奥野康俊さん=兵庫県西宮市で2018年5月26日午後3時31分、小出洋平撮影

内田前監督らの会見は「極めて不自然な点多く」

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京都調布市)で日大の守備選手の悪質な反則タックルで関学大QBがけがをした問題で、関学大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターが26日、兵庫県西宮市の関学大キャンパスで記者会見を開き、抗議文に対する日大の再回答書(24日付)を公表した。日大の内田正人前監督について「選手に反則行為をうながすような指示や言動は確認できない」とした内容で、関学大は「誠意ある回答として受け取ることはできない」として、今年まで51回続いた定期戦を「十分な信頼関係を取り戻すまで中止する」と発表した。

 再回答書は表裏を合わせて計9ページ。内田前監督や井上奨(つとむ)元コーチ、選手らから聞き取り調査を…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです