メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝会談中止

「リビア方式」で解釈の違い

米朝首脳会談の中止を発表するトランプ米大統領=米ホワイトハウスで2018年5月24日、ロイター

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領が24日、北朝鮮との首脳会談中止に踏み切ったのは、北朝鮮との意思疎通がうまくとれなかったからだ。最大の障害は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らが主張した「リビア方式」という非核化の手法をめぐり、米朝双方の解釈の違いが際だったことだった。

 リビアのカダフィ政権は2003年12月、米英の圧力を受け核兵器や化学兵器、弾道ミサイルなどの大量破壊兵器の一括放棄に応じ、その後に制裁解除を取り付けた。ボルトン氏は当時の担当国務次官。カントリーマン元国務次官代行は取材に「成功体験を北朝鮮にも採用しようと考えたのだろう」と解説する。

 北朝鮮は少しずつ状況を変えて、抵抗を少なくする「サラミ方式」と呼ばれる手法により、体制保証や経済支…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです