メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲酒運転撲滅

CMに登場の柴犬こゆきが死ぬ

こゆきが飲酒運転撲滅を訴えるCM=NPO法人「はぁとスペース」提供

 2011年に福岡県粕屋町で起きた飲酒運転事故で命を奪われた高校1年、山本寛大(かんた)さん(当時16歳)の愛犬で、飲酒運転撲滅を訴えるCMにも登場していたこゆきが4月、死んだ。13歳だった。寛大さんの母美也子さん(49)が飲酒運転根絶を願って創刊したフリーペーパー「TOMOs」は25日に1周年を迎え、この日発行した第4号でこゆきの死を伝えている。

 こゆきは柴犬(しばいぬ)で、生後数カ月で山本さん一家に加わった。寛大さんとこゆきはいつも一緒で、散歩に連れて行くのは寛大さんの役目だった。しかし11年2月、寛大さんは同級生とともに飲酒運転の車にはねられ、帰らぬ人となった。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです