メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ
米朝会談中止

拉致解決「影響ない」 被害者家族、冷静に

 24日に中止が発表された米朝首脳会談。拉致問題の解決を切望していた被害者家族からは落胆の声が上がる一方、冷静に受け止める家族もいた。

 田口八重子さん(行方不明時22歳)の兄で家族会代表、飯塚繁雄さん(79)は「今回こそ完全な決着がついてほしいとの思いが強かった」と肩を落とした。一方で「北朝鮮は(交渉を)自国の有利な方向に持っていこうとする。これまでも約束は何度もほごにされており、大統領は状況を察知したのでは。会談中止は適正な判断だと思う」とも述べた。

 鳥取県米子市出身の松本京子さん(同29歳)の兄孟(はじめ)さん(71)は「そう遠くない時期に(米朝…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです