メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今治市長

「聞いたと思う」首相と理事長会ったという報告

菅良二・今治市長=2017年6月、松倉展人撮影

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り愛媛県が国会に提出した新たな文書について、同県の中村時広知事は25日の定例記者会見で、聞いたことを可能な限り正確に書き留めたとした上で、「文書が事実だと困る人がいるのか。何事も正直、真実というものを覆すことはできない」と話した。

 新文書には、安倍晋三首相が2015年2月に加計学園の加計孝太郎理事長と面会し、新学部計画に「いいね」と賛同していたと記載されているが、安倍首相は否定している。

 会見で中村知事は文書について「ありのまま」と改めて強調。更に柳瀬唯夫元首相秘書官の国会での発言についても「記録がない、記憶がないけど(安倍首相に)報告をしなかったというところを明確に覚えているのは、一般の常識では無理がある」と苦言を呈した。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  3. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  4. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  5. ヤングケアラー~幼き介護 介護担う子どもを「見ていてつらい」…支援に悩む現場 立ちはだかる縦割りの弊害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです