メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

「選手追い込んだ責任痛感」日大学長が謝罪

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックルを巡る対応に批判が噴出していることを受け、日大の大塚吉兵衛学長が25日、東京都内で記者会見した。定期戦(6日、東京都調布市)での反則行為で負傷した関西学院大の選手、家族、関学大に対して、大学として初めて「あってはならない危険な行為で責任を感じている。関係者に謝っても謝りきれない。本当におわびしたい」と謝罪した。

 23日夜に記者会見したアメフット部の内田正人前監督(62)と井上奨元コーチ(29)が責任を回避するような質疑応答をしたため、統制できない日大本部にも批判が向いた。4年生の就職活動にも影響が出始めているうえに24日夜に身内の同部父母会が「大学の対応に憤りを感じた」と発言したことで「34部ある運動部の統括」として会見を決めたという。大塚学長は「いろいろな批判があり、真摯(しんし)に受け止めてブランド…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです