メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

虚空さまよう左手 栃ノ心連勝ストップ

正代(右)が引き落としで栃ノ心を破る=東京・両国国技館で2018年5月25日、玉城達郎撮影

 大相撲夏場所13日目は25日、上手を奪いにいった栃ノ心の左手が、虚空をさまよった。前日に幕内で25連敗中だった横綱・白鵬との真っ向勝負を制し、場所後の大関昇進を確実たらしめた命綱、それが左上手だった。しかし相撲巧者の正代は右ひじを張り、左上手をとらせてくれなかった。

 もっとも今場所の栃ノ心は、仮に左上手をとれなくても、8日目にもろ差しで逸ノ城を寄り切ったように引き出しが豊富で、ここまで土つかず…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです