メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

対応後手「判断ミス」 日大学長会見

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックルから19日間が経過した25日、大学本部が会見を開いて、謝罪した。対応が後手に回ったことで大学のイメージが悪化して、就職活動などに影響が出たためだ。記者会見した大塚吉兵衛学長は「一日も早く学生が安心して平穏な学生生活を送れるように失墜した信頼を回復したい」と厳しい表情で語った。学生は「早く片付けてほしい」と切実だった。【小林悠太、田原和宏、松本晃】

 大塚学長は定期戦(6日・東京都調布市)で対戦した関西学院大への謝罪に続いて「本来は学生におわびを申し上げなければいけない」と述べ、在学生、OBなど関係者にも謝罪した。日大の各学部や全国各地の付属高校にも、多くの苦情が寄せられているといい「一番は就職でハンディキャップにならないように企業にもお願いしたい」と頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです