メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 ADR打ち切り 今秋にも提訴の意向 弁護団、浪江町民に初説明会 /福島

 東京電力福島第1原発事故の慰謝料増額を求め、浪江町民約1万5000人が申し立てた国の裁判外紛争解決手続き(ADR)が打ち切られた問題で、浪江町と町を支援する弁護団は26日、問題の経過を報告する町民説明会を福島市内で初めて開いた。町は、和解案を再三拒否した東電の姿勢を批判した上で、「原発ADRが機能不全に陥っている」と指摘。弁護団は町民の意向調査後、早ければ今秋にも集団提訴する意向を示した。【宮崎稔樹】

 福島市内であった説明会には、町民約160人が参加。冒頭で本間茂行副町長が「東電は加害者意識が全くな…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです