メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職員

5000人不足 処遇改善推進、外国人材にも注目 県内25年度、厚労省推計 /群馬

 厚生労働省が21日に発表した介護職員の需要推計によると、県内で2025年度に必要となる介護職員は3万9774人だが、約5000人が不足する。介護ニーズに労働力の供給が追いつかず、十分なサービスの提供が難しくなると懸念されるため、介護職員の処遇改善や外国人職員の受け入れ整備が進んでいる。【杉直樹】

 25年には団塊の世代(1947~49年生まれ)が75歳以上の後期高齢者になり、訪問介護や入所施設など求められるサービス量が増えることが予想される。

 厚労省によると、県内では16年度の介護職員は3万2943人。現在の就職率や離職率を基に推定すると、…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  3. 夏の高校野球 金足農の吉田、守備で頭脳的なプレー
  4. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  5. 富田林署逃走 ひったくり犯の映像を入手 樋田容疑者か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです