介護職員

5000人不足 処遇改善推進、外国人材にも注目 県内25年度、厚労省推計 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省が21日に発表した介護職員の需要推計によると、県内で2025年度に必要となる介護職員は3万9774人だが、約5000人が不足する。介護ニーズに労働力の供給が追いつかず、十分なサービスの提供が難しくなると懸念されるため、介護職員の処遇改善や外国人職員の受け入れ整備が進んでいる。【杉直樹】

 25年には団塊の世代(1947~49年生まれ)が75歳以上の後期高齢者になり、訪問介護や入所施設など求められるサービス量が増えることが予想される。

 厚労省によると、県内では16年度の介護職員は3万2943人。現在の就職率や離職率を基に推定すると、25年度は3万4746人にとどまり、需要と約5000人の開きがある。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文802文字)

あわせて読みたい

注目の特集