メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

栄村・震度5強 「7年前 頭よぎる」 ふすまや商品散乱 /長野

 県北部を震源とする25日夜の地震から一夜明けた26日、震度5強を観測した栄村では早朝から村職員が被害の確認に追われた。けが人はなかったが、村内では震度6強だった2011年3月の県北部地震以来最大の揺れに住民からは「7年前の地震が頭をよぎった」との声が上がった。

 村役場の南約3キロの長瀬地区。長瀬公民館2階はふすまと障子計10枚が2部屋に散乱し、天井の照明カバーも大きく傾いた。1階には一時、近くの住民33人が自主避難した。区長の斎藤健一さん(67)は「数秒間だったが、すごい揺れだった。自宅の食器類4~5個が床に落ち、割れた」と話した。避難した斎藤ユウ子さん(71)は「みんな『怖…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです