メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の文化講座

スタート 土佐とカツオ文化学ぶ 高知城歴史博物館 /高知

渡部淳館長(奥)の講演に聴き入る市民ら=高知市追手筋2の県立高知城歴史博物館で、郡悠介撮影

 日本や土佐(高知県)の文化について学ぶ「日本の文化講座」が26日、県立高知城歴史博物館(高知市追手筋2)で始まった。第1回のこの日は「土佐人と海」と題して渡部淳館長が講師を務め、集まった45人の市民らが講演に耳を傾けた。

 講座は例年催されており、今年は「土佐の海・鰹(かつお)」をテーマに、来年1月まで4回に分けて開催される。渡部館長は古代から江戸時代まで、土佐における海の発達やカツオ文化の歴史について順に説明した。

 平安時代、土佐は特産品の一つとしてカツオを朝廷に献上したが、駿河、伊豆(静岡県)などの他国と比べると量は少なかったという。渡部館長は「当時、カツオを上納した国は少なく特産だったことに間違いないが、決して量は多くなかったことは覚えておく必要がある」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです