メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

和尚のフリーランス宣言(その1) 仏道探究、寺よさらば

 新緑もゆる八ケ岳山麓(さんろく)の空に、鈍色(にびいろ)の雲が広がった今月8日のたそがれ時。森にたたずむ山荘の屋根をたたく雨が、高橋卓志(たくし)和尚(69)と参列者が唱える般若心経と、染み入るようなセッションを奏でた。

 天井まで埋め尽くされた本棚の前に置かれたひつぎの中で、千葉の自宅から搬送された司書の鈴木均(ひとし)さん(享年46)が安らかな顔で永久の眠りについている。「均は思い通りに生き抜いた」。読経を終えた和尚の言葉には、「そうだ、そうだ!」と合いの手が入る。14人の身内が、故人との思い出を笑顔とぬくもりの涙で紡ぐ通夜だった。

 「(鈴木家の)山荘で本に囲まれて旅立ちたい」。メラノーマ(悪性黒色腫)が脳転移して末期と宣告された…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文799文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです