メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

和尚のフリーランス宣言(その1) 仏道探究、寺よさらば

 新緑もゆる八ケ岳山麓(さんろく)の空に、鈍色(にびいろ)の雲が広がった今月8日のたそがれ時。森にたたずむ山荘の屋根をたたく雨が、高橋卓志(たくし)和尚(69)と参列者が唱える般若心経と、染み入るようなセッションを奏でた。

 天井まで埋め尽くされた本棚の前に置かれたひつぎの中で、千葉の自宅から搬送された司書の鈴木均(ひとし)さん(享年46)が安らかな顔で永久の眠りについている。「均は思い通りに生き抜いた」。読経を終えた和尚の言葉には、「そうだ、そうだ!」と合いの手が入る。14人の身内が、故人との思い出を笑顔とぬくもりの涙で紡ぐ通夜だった。

 「(鈴木家の)山荘で本に囲まれて旅立ちたい」。メラノーマ(悪性黒色腫)が脳転移して末期と宣告された…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文799文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです