メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳

ZTE制裁緩和合意 米議会反発「甘い」

中国の通信機器大手ZTEのロゴが掲げられた建物=北京で2018年5月8日、AP

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は25日、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対する制裁を緩和することで、中国の習近平国家主席と合意したと明らかにした。米FOXニュースの取材に答えた。制裁を緩和する代わりに、ZTEに13億ドル(約1400億円)の罰金などを科す方針。

 ただ、ZTEに対しては、米政府や企業から機密を盗んでいるとの疑惑もある。安全保障上の懸念を高める米議会は「中国に甘い」と反発し、事実上、制裁緩和を阻止する法案を検討中。トランプ氏のファミリー企業と中国企業の関わりが指摘されることも、米議会の不信感を強めており、制裁緩和までには曲折がありそうだ。

 FOXニュースによると、トランプ氏は習氏と電話でZTEへの対応を協議。習氏が制裁緩和の代わりに5億…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文882文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです