メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 財政健全化新目標、どう達成?=回答・大久保渉

PB赤字の推移

社保費抑制、最大の課題 数値なく実効性に疑問

 なるほドリーマン君 政府が新しい財政健全化計画を作るんだって?

 記者 日本は過去の経済対策などで大判振る舞いをした結果、国・地方あわせ1000兆円を超す借金を抱えています。国の経済規模を表す国内総生産(GDP)の約2倍にも達し、主要国で断トツの悪さです。しかも、社会保障や公共事業、防衛費など必要な政策に使うお金を税収など歳入だけで賄えず、毎年、新たに30兆円を超す国債を発行して借金を重ねています。このままでは、市場で信用されなくなり、将来、投資家に国債を買ってもらえなくなる恐れがあります。このため、借金の膨張に歯止めを掛ける健全化計画の策定を求められています。

 Q 歯止めを掛けるというけど、目安はあるの?

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1778文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです