連載

もう一度食べたい

今は店頭から消え、しかし読者の皆さんが「もう一度食べたい」と願う懐かしの食材、食べ物をご紹介します。

連載一覧

もう一度食べたい

あずきいちご ルビー色、舌の上でプチュッ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「有由有縁」(わけありて縁あり)。取材の旅から帰り、この言葉の不思議さをかみしめている。我が家の庭にあった「天からの贈り物」の正体がやっと分かったのだ。その名はウグイスカグラ(鶯神楽)。山陰・米子(鳥取県米子市)周辺の子どもたちが「あずきいちご」と呼んでいた、ルビー色の小さな木の実である。

 かき氷のメニューにでも登場しそうな名前を初めて目にしたのは5年前、米子市の吾郷(あごう)静子さん(82)からのはがきだった。「梅雨の頃、グミの実より小さく、小豆の形をして枝にぶら下がって実ります。実家の庭や近くの林にもあり、子どものおやつでした」

 鳥取、島根両県の知人や観光農園に取材したが分からなかった。昨年も心当たりに電話を入れたが、やはり見つからなかった。そんなとき、今度は静岡市の稲葉恵子さん(68)から「あずきいちご」のリクエストはがきが届いた。「5月に花が咲き、6月に赤いルビー色の丸い実をつけます。実家(米子市)の庭で独り占めして食べていた甘い実をもう一度食べたい」。吾郷さんも稲葉さんも「ユスラウメより水っぽく、甘かった」とつづっ…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1347文字)

あわせて読みたい

注目の特集