メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『火ノ刺繍』=吉増剛造・著

 (響文社・6264円)

全体が一枚の巻物のよう

 書物というより、文字と声の構造体と呼んだ方がいいだろうか。二〇〇八年から二〇一七年までの仕事を時系列に収めた吉増剛造『火ノ刺繍(ししゅう)』は、一二〇〇頁を超える大著である。追悼、対話、鼎談(ていだん)、書評、選評、講演録、日録、ポートレイト。さまざまな位相の言葉が交錯し、反響するにぎわしい空間をさまよっているうち、奇妙なことに、音がしだいに静まって、全体が一枚の巻物のように見えてくる。

 豊かな紙の平面を、この世のものならぬ声の風が通り過ぎる。詩人はどうやらその風に乗ってではなく、風を…

この記事は有料記事です。

残り1866文字(全文2135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陽新幹線、2回緊急停車させる 威力業務妨害容疑で59歳男逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです