特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・本と人

『夏目漱石とクラシック音楽』 著者・瀧井敬子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
瀧井敬子さん
瀧井敬子さん

 ◆瀧井敬子(たきい・けいこ)さん

 (毎日新聞出版社・2700円)

漱石の西洋音楽の趣味を研究

 「国民的文豪はなぜ西洋音楽を愛したのか」--。生誕150年だった昨年以降、夏目漱石に関する著書が相次いで出版された。そのなかでも本書はクラシック好きだった漱石に焦点を当て、作品作りにどのような影響を与えたかを探る異色の作品になっている。

 もともと「明治の文豪と西洋音楽」の研究を専門としていた。2004年に森鴎外がドイツオペラ「オルフエウス」(グルック作曲)を翻訳していることを発見し、独ペータース社の楽譜を原本にし翻訳本を出版している。「鴎外の次は同じ文豪の漱石だと考えました。最初は漱石は洋楽に関心があまりないのではと思ったが、小説を読み直すと、その影響を感じる描写が多くありました」

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文940文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集