メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『夏目漱石とクラシック音楽』 著者・瀧井敬子さん

瀧井敬子さん

 ◆瀧井敬子(たきい・けいこ)さん

 (毎日新聞出版社・2700円)

 「国民的文豪はなぜ西洋音楽を愛したのか」--。生誕150年だった昨年以降、夏目漱石に関する著書が相次いで出版された。そのなかでも本書はクラシック好きだった漱石に焦点を当て、作品作りにどのような影響を与えたかを探る異色の作品になっている。

 もともと「明治の文豪と西洋音楽」の研究を専門としていた。2004年に森鴎外がドイツオペラ「オルフエウス」(グルック作曲)を翻訳していることを発見し、独ペータース社の楽譜を原本にし翻訳本を出版している。「鴎外の次は同じ文豪の漱石だと考えました。最初は漱石は洋楽に関心があまりないのではと思ったが、小説を読み直すと、その影響を感じる描写が多くありました」

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです