メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『夏目漱石とクラシック音楽』 著者・瀧井敬子さん

瀧井敬子さん

 ◆瀧井敬子(たきい・けいこ)さん

 (毎日新聞出版社・2700円)

漱石の西洋音楽の趣味を研究

 「国民的文豪はなぜ西洋音楽を愛したのか」--。生誕150年だった昨年以降、夏目漱石に関する著書が相次いで出版された。そのなかでも本書はクラシック好きだった漱石に焦点を当て、作品作りにどのような影響を与えたかを探る異色の作品になっている。

 もともと「明治の文豪と西洋音楽」の研究を専門としていた。2004年に森鴎外がドイツオペラ「オルフエ…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文940文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです