メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『AI原論 神の支配と人間の自由』=西垣通・著

 (講談社選書メチエ・1620円)

 AIとはなにか。根底から考えさせてくれる有難い本だ。知性には、人間の生存のための「生命知」と絶対・普遍の真理を知る「絶対知」とがあり、AIはこのいずれに関わるかを念頭に置いて論じることが必要との指摘から始まる。

 前者の場合、生命体と機械の境界線を問うことになる。生命体は内部でルールが創られ不可知性をもつ自律系であるところが他律系の機械と異なる。AIは深層学習…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです