メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『AI原論 神の支配と人間の自由』=西垣通・著

 (講談社選書メチエ・1620円)

 AIとはなにか。根底から考えさせてくれる有難い本だ。知性には、人間の生存のための「生命知」と絶対・普遍の真理を知る「絶対知」とがあり、AIはこのいずれに関わるかを念頭に置いて論じることが必要との指摘から始まる。

 前者の場合、生命体と機械の境界線を問うことになる。生命体は内部でルールが創られ不可知性をもつ自律系であるところが他律系の機械と異なる。AIは深層学習…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです