メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『後醍醐天皇』=兵藤裕己・著

 (岩波新書・907円)

 二つの王朝が存在した南北朝時代は日本史における大きな画期となった、とされる。その動乱の時代を引き起こした天皇の評伝だ。

 後醍醐天皇は、他の天皇が多くの場合「君臨すれども統治せず」だったのに対し、統治もした。本書は鎌倉時代末から南北朝における宋学の流行や天皇の強烈な個性、皇統分裂の経緯など、特異な政治体制が成立した理由を探る。また楠正成や新田義貞ら後醍醐の「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  4. トランプ氏大相撲へ 千秋楽で急須と湯飲みが使えなくなる?
  5. トランプ大統領来日、警備に頭悩ませる警視庁 ドローンだけでなく「座布団対策」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです