メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『後醍醐天皇』=兵藤裕己・著

 (岩波新書・907円)

 二つの王朝が存在した南北朝時代は日本史における大きな画期となった、とされる。その動乱の時代を引き起こした天皇の評伝だ。

 後醍醐天皇は、他の天皇が多くの場合「君臨すれども統治せず」だったのに対し、統治もした。本書は鎌倉時代末から南北朝における宋学の流行や天皇の強烈な個性、皇統分裂の経緯など、特異な政治体制が成立した理由を探る。また楠正成や新田義貞ら後醍醐の「…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです