連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

起立性調節障害、受診先は?=答える人・呉宗憲助教(東京医科大・小児科)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

呉宗憲(ごそうけん)助教(東京医科大・小児科)

 Q 起立性調節障害、受診先は?

 娘が起立性調節障害と診断されました。4月から高校に進学し、小児科で診察してもらえなくなったため、今後どの診療科を受診すればいいでしょうか。(千葉県、女性、48歳)

 A 症状に応じた科を

 起立性調節障害は思春期の自律神経の不調により、立ちくらみや動悸(どうき)、朝の起床のつらさ、頭痛、腹痛などを起こす疾患です。

 患者には生真面目で優秀なリーダータイプも多くみられます。頑張り続けて「燃え尽き」状態になり、発症することがあります。友人関係の悩みや受験の不安、保護者からのプレッシャーなど、ストレスも一因となります。こうしたケースの場合は、一定期間の休養が必要です。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文942文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集