メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

阪神5-4巨人 中谷、初サヨナラ打 トラ4連勝

 (11)甲子園(巨人7勝4敗)

巨人 110000020=4

阪神 021100001=5

 <勝>ドリス 1勝1敗15S 登板19

 <敗>沢村  1勝2敗    登板16

 阪神が今季初のサヨナラ勝ちで初の4連勝。同点の九回、2死一、二塁から中谷の左前適時打で決着をつけた。巨人は今季2度目の3連敗。

 阪神の若きスラッガーの劇的な一打だった。同点の九回2死一、二塁、中谷が三遊間を抜くサヨナラ打。しぶとい打撃で、チームを今季初のサヨナラ勝ちに導いた。

 終盤に2点差を追い付かれ、中谷自身も七回の第4打席まで凡退。嫌な流れの中でも、「何も考えず無心」で打席に向かった。沢村の低めの変化球を引っ張ると、二塁走者の糸原が一気に本塁を突いた。送球もそれて生還し、歓喜の輪が生まれた。「打った感触は良くなかったが、糸原がよく走ってくれた」と中谷。プロ初のサヨナラ打に「どう喜んだらいいかわからないけど、チームが勝てたのがうれしい」と初々しく語った。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. フォーカス 香取慎吾 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」万丞渉役 SNSとの距離考え

  4. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです