メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

男子トマス杯・女子ユーバー杯 日本女子37年ぶりV 男子も決勝進出

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める女子ユーバー杯は26日、バンコクで決勝(3戦先勝方式)が行われ、第1シードの日本が初優勝を狙った地元タイを3-0で降し、1981年大会以来37年ぶり6度目の優勝を果たした。

 第1試合のシングルスで前世界ランキング1位の山口茜(再春館製薬所)が2013年世界選手権覇者のラチャノック・インタノンにストレート勝ち。続くダブルスで世界ランク2位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)、シングルスで昨年の世界女王の奥原希望(日本ユニシス)がそろって2-0で勝った。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです