メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大と定期戦中止 良好ライバル断交

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で起きた日大の宮川泰介選手(20)の悪質タックル問題は26日、今年まで51回続いた両校の定期戦中止に発展した。ともに大学アメフット界を引っ張ってきた名門校は良好なライバル関係を築いてきたが、断交した形だ。

 両校は1955年11月、大学日本一を決める第10回毎日甲子園ボウルで初対決して26-26で引き分けた。それ以降は両校は宿命のライバル関係になり、昨年の第72回大会まで史上最多の29回対戦し、日大が17勝10敗2分けと勝ち越している。

 同ボウルで関学大は史上最多51回出場で優勝も最多28回、日大の34回出場と21回優勝はいずれも関学大に次ぐ。

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです