メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

春季リーグ 慶大36回目V

優勝を喜ぶ(左から)慶大主将の河合、大久保監督、菊地、郡司=横浜市港北区下田町の合宿所前で2018年5月26日午後2時11分、真下信幸撮影

 東京六大学野球は26日、神宮球場で第7週の1回戦2試合を行った。勝ち点3で2位の明大が法大にサヨナラ負けし、慶大の2季連続36回目の優勝が決まった。明大(7勝5敗)が勝ち点4で慶大(8勝2敗)に並んでも勝率を上回れないため。慶大は全日本大学選手権(6月11日開幕)に出場する。

代替わりで連覇

 横浜市内の合宿所でテレビ観戦していた慶大の選手は、優勝が決まると抱き合って喜んだ。大久保監督は「代が替わっての連覇は自信になる」と充実した表情を見せた。

 連覇の最大の要因は4番の捕手・郡司(3年・仙台育英)の成長だ。郡司は明大との1回戦でサヨナラ適時打…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 不適切動画 すき家店員「くびかくご」店内で氷投げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです