メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・大府市

公文書で「徘徊」使わず 「認知症理解深めて」

 愛知県大府市の岡村秀人市長は25日、市の公文書などで「徘徊(はいかい)」という言葉を使わず、「一人歩き」などに言い換えると表明した。認知症への偏見をなくす狙いで、広く理解を呼びかけるという。

 徘徊には目的もなくうろつくという意味があるが、認知症でもその人なりの目的や理由がある場合が多く、徘徊と呼ぶことで「外出は危険だ」と本人や家族を苦しめる偏見…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです