愛知・大府市

公文書で「徘徊」使わず 「認知症理解深めて」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 愛知県大府市の岡村秀人市長は25日、市の公文書などで「徘徊(はいかい)」という言葉を使わず、「一人歩き」などに言い換えると表明した。認知症への偏見をなくす狙いで、広く理解を呼びかけるという。

 徘徊には目的もなくうろつくという意味があるが、認知症でもその人なりの目的や理由がある場合が多く、徘徊と呼ぶことで「外出は危険だ」と本人や家族を苦しめる偏見…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集