メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン デビュー20年、川畠さん熱演

川畠成道さん(右端)と、佐藤勝重さん(右から3人目)=東京都千代田区の紀尾井ホールで2018年5月26日午後3時10分、手塚耕一郎撮影

 世界的なバイオリニストの川畠成道さん(46)が26日、東京都千代田区の紀尾井ホールで「グランドファミリーコンサート2018」(毎日新聞社後援)を開き、小児がんを経験した子どもや家族約50人を招待した。収益の一部を小児がん征圧募金に寄託する。

 川畠さんは幼少期に薬の副作用で視覚障害を負った後、10歳でバイオリンを始め、今年がデビュー20年。チャリティー活動にも積極的に取り組んでいる。

 この日は、ピアニストの佐藤勝重さん(44)と、グリーグの「バイオリン・ソナタ第3番」などを演奏し、…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです