メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 名門ライバル断交 定期戦51回 関学、日大に失望

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で起きた日大の宮川泰介選手(20)の悪質タックル問題は26日、今年まで51回続いた両校の定期戦中止に発展した。ともに大学アメフット界を引っ張ってきた名門校は良好なライバル関係を築いてきたが、断交した形だ。

 両校は1955年11月、大学日本一を決める第10回毎日甲子園ボウルで初対決して26-26で引き分けた。それ以降は両校は宿命のライバル関係になり、昨年の第72回大会まで史上最多の29回対戦し、日大が17勝10敗2分けと勝ち越している。

 同ボウルで関学大は史上最多51回出場で優勝も最多28回、日大の34回出場と21回優勝はいずれも関学…

この記事は有料記事です。

残り1987文字(全文2300文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです