メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭

 日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督が、関西学院大学のチームの選手への「暴力行為」(悪質な反則タックル)を部員に指示したと言われている事件について、そこかしこで話題になっている。居酒屋でも職場でも、これこそ「もちきり」という様子だと思う。

 結果的に「実行犯」のような形になってしまった20歳の選手は、堂々と記者会見で赤裸々かつ具体的に、何が起きてどうなったかを、振り絞るように、まっすぐに述べていた。テレビで伝えられた会見の様子を見て、彼がすこぶる誠実な人なのであろうと、誰しもが感じたのではないだろうか。監督やコーチからの指示、教唆ではあれやってしまったことは大間違いではあるけれども、大きな勇気を持って顔と名前を明かした上で聞かれたことに誠意を持って答えていた姿はすがすがしく、彼の今後の人生が充実したものになるように大学も含めて周囲の人々の支援があることを祈るばかりだ。

 監督やコーチ、大学側に対して、責任を求めても当然なのに、彼は至って冷静に、自分の状況と客観的な事実…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1568文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです