連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督が、関西学院大学のチームの選手への「暴力行為」(悪質な反則タックル)を部員に指示したと言われている事件について、そこかしこで話題になっている。居酒屋でも職場でも、これこそ「もちきり」という様子だと思う。

 結果的に「実行犯」のような形になってしまった20歳の選手は、堂々と記者会見で赤裸々かつ具体的に、何が起きてどうなったかを、振り絞るように、まっすぐに述べていた。テレビで伝えられた会見の様子を見て、彼がすこぶる誠実な人なのであろうと、誰しもが感じたのではないだろうか。監督やコーチからの指示、教唆ではあれやってしまったことは大間違いではあるけれども、大きな勇気を持って顔と名前を明かした上で聞かれたことに誠意を持って答えていた姿はすがすがしく、彼の今後の人生が充実したものになるように大学も含めて周囲の人々の支援があることを祈るばかりだ。

 監督やコーチ、大学側に対して、責任を求めても当然なのに、彼は至って冷静に、自分の状況と客観的な事実のみを丁寧に語っていた。「もうアメリカンフットボールをやりたくない」と語った心中は察するに余りあるけれども、会見では何とか監督らへの責任を追及する文言を引き出そうという質問に乗せられることなく、正々堂々と話していた。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1568文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集