メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

レアル・マドリード、3大会連続V 欧州CL

3点目を決めたレアル・マドリードのベイル=AP

 【キエフ(ウクライナ)大谷津統一】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は26日(日本時間27日未明)、当地で決勝が行われ、レアル・マドリード(スペイン)がリバプール(イングランド)を3-1で退け、3季連続13度目の優勝を果たした。3連覇は前身大会で1974~76年にバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が達成して以来で、大会名が変更された92~93年シーズン以降では初。決勝の最優秀選手には2得点のベールが選ばれた。

     レアル・マドリードは後半6分にベンゼマが先制。セットプレーで追いつかれたが、後半19分に途中出場のベールがオーバーヘッドシュートを決めて勝ち越し、後半38分にはミドルシュートで加点した。リバプールはサラーの負傷退場が響き、13季ぶり6度目の頂点を逃した。

     レアル・マドリードのロナルドが通算15得点で6季連続の得点王に輝いた。レアル・マドリードは12月にアラブ首長国連邦で開催されるクラブワールドカップ(W杯)に欧州代表として出場する。

     レアル・マドリード・ジダン監督 このチームの素晴らしい点は限界を知らないということ。ハードワークを惜しまず、勝利に対してハングリーなところを見せてくれた。

     リバプール・クロップ監督 試合の中で課題を修正するのが難しかった。選手は最善を尽くしたが、最高の筋書きにはならなかった。サラーの肩のけがは深刻だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子
    2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    5. 森友問題 昭恵氏付職員「賃料値下げ要望」 共産党が追及

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]