メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

叡王戦、高見が初タイトル獲得 金井に4連勝

高見泰地叡王

 今期から将棋界で八つ目のタイトル戦となった第3期叡王戦七番勝負(ドワンゴ主催)の第4局は26日、群馬県富岡市の富岡製糸場で行われ、高見泰地六段(24)が金井恒太六段(32)に147手で勝ち、4連勝で自身初のタイトルとなる叡王を獲得した。高見は規定により七段へ昇段した。

 高見は横浜市出身。2011年に棋士になった。今期叡王戦本戦で、豊島将之八段、渡辺明棋王、丸山忠久九段を連破して七番勝負へ進出。本格的な居飛車党で、第1、第2局を連勝して迎えた第3局は千日手指し直しの末に勝利し、ストレートで決着をつけた。【山村英樹】

取るつもりだった

 叡王になった高見は「タイトル戦は初出場だったが、出るからには取るつもりだった。タイトルに恥じないよう頑張らなくてはと感じる」と喜びを語った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]