将棋

叡王戦、高見が初タイトル獲得 金井に4連勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高見泰地叡王
高見泰地叡王

 今期から将棋界で八つ目のタイトル戦となった第3期叡王戦七番勝負(ドワンゴ主催)の第4局は26日、群馬県富岡市の富岡製糸場で行われ、高見泰地六段(24)が金井恒太六段(32)に147手で勝ち、4連勝で自身初のタイトルとなる叡王を獲得した。高見は規定により七段へ昇段した。

 高見は横浜市出身。2011年に棋士にな…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文341文字)

あわせて読みたい

注目の特集