メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

鶴竜、栃ノ心降し連覇に王手 白鵬3敗に

【大相撲夏場所14日目】鶴竜(左)が栃ノ心をすくい投げで降す=東京・両国国技館で2018年5月26日、丸山博撮影

 大相撲夏場所14日目は26日、横綱・鶴竜が関脇・栃ノ心との1敗対決を制し、自身初の連覇に王手をかけた。横綱・白鵬は関脇・逸ノ城の上手投げに屈して3敗に後退し、優勝の可能性が消滅した。逸ノ城は三役で2場所連続の勝ち越しを決めた。

 27日の千秋楽は、ただ一人2敗の栃ノ心が勢に敗れれば、鶴竜の5回目の優勝が決ま…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは自己ベスト110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです