メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督=兵庫県西宮市で2018年5月26日午後4時4分、小出洋平撮影

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で起きた日大の悪質タックル問題で、日大アメフット部の再回答を受けて26日に記者会見を開いた関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(59)は「(日大は真相を)解明する気があるのか」と怒りをあらわにした。再回答でも内田正人前監督(62)ら指導陣の「壊してこい」などの指示を宮川泰介選手(20)が誤って解釈したという従来の主張を繰り返しており、記者会見に同席した小野宏ディレクター(57)は「極めて不可解」と不信感をにじませた。

 関学大側が最も疑問が解消されない点として挙げたのが、日大の井上奨(つとむ)元コーチ(29)による同選手への指示だ。計9ページの再回答書によると、井上元コーチは「相手クオーターバック(QB)を潰せ」との指示に負傷させる意図はなかったが、同選手は「けがをさせろ」と思い詰めて悪質タックルに及んだとしている。井上元コーチが「アライン(セットする位置)はどこでもいい」「1プレー目で」と具体的に指示し、これを試合出場の条件に挙げたことにも触れて「同僚の選手の証言では、当該選手が本気でQBを潰す行為を指示されていると思い込んでいたことがうかがえる発言もある」と記述している。

 だが、本人へのヒアリングをせず、同選手の精神状態を反則の原因とする説明に、関学大側は「選手の尊厳を著しく損ねるもの」と非難。同選手の「反則は監督、コーチの指示」との主張と食い違ったままの内容に、小野ディレクターは「この差は埋めないといけない」と強調し、鳥内監督は「井上コーチが内田監督の存在を気にしている印象を受けた」と指摘して真実を明かすように求めた。

 関学大は22日に記者会見した同選手の発言を「一貫性も高く、極めて信ぴょう性が高い」と評価する一方、内田前監督と井上元コーチの23日の記者会見での主張を「信じるには根拠が不足」と断じた。「これ以上の問答は平行線」と、再々回答を求めないという。

 小野ディレクターは競技を辞める意向を示した同選手に対して「可能な限り支援の可能性を模索したい」と表明。鳥内監督も「(競技を)続けてほしい」と訴えた。けがをした関学大選手が回復し、27日に関西大と対戦する関西学生大会(大阪)で試合復帰する見通しであることも明かした。【倉沢仁志、長宗拓弥】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]