メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督=兵庫県西宮市で2018年5月26日午後4時4分、小出洋平撮影

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で起きた日大の悪質タックル問題で、日大アメフット部の再回答を受けて26日に記者会見を開いた関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(59)は「(日大は真相を)解明する気があるのか」と怒りをあらわにした。再回答でも内田正人前監督(62)ら指導陣の「壊してこい」などの指示を宮川泰介選手(20)が誤って解釈したという従来の主張を繰り返しており、記者会見に同席した小野宏ディレクター(57)は「極めて不可解」と不信感をにじませた。

 関学大側が最も疑問が解消されない点として挙げたのが、日大の井上奨(つとむ)元コーチ(29)による同…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文961文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです