メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

岡村桂三郎 百眼の魚18-1 異界へと誘う存在感

 頭部が見えない巨大な魚が漆黒の海を悠然と泳ぐ。こちらを見つめるのは体に付いた多数のまなこ。堂々とした姿態、神秘的なまなざしに世外の境地へ誘われる。

 日本画というと色彩が美しい花鳥画や風景画が思い浮かぶ。だが、画材は同じでも岡村桂三郎さん(60)の絵画はそうした先入観をやすやすと突き抜ける。まずサイズが大きい。高さ3・5メートル、横1・2メートルのパネルを複数枚つなぎ、屏風(びょうぶ)状に仕立てるのが今の基本。本展はこれまで約10年間に制作した27点が曲折して立体感を見せながら壁のようにそそり立つ。今年完成した本作は全長12メートルあり、迫力満点だ。

 手法も独特。板の表面を焼き、膠(にかわ)で定着させた岩絵の具を削って形象を浮かび上がらせる。美術館…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです