メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

纒向遺跡の種、年代測定を巡って 100年の幅、いかに限定 他分野連携深めた研究の必要性

中村俊夫さん

 邪馬台国の最有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)で出土していたモモの種について、同市纒向学研究センターが14日に公表した放射性炭素(C14)年代測定の結果が議論を呼んでいる。「西暦135~230年に実った可能性が高い」という分析は卑弥呼(248年ごろ没)の活動時期と重なるが、約100年の幅は残った。自然科学が導き出した年代の意義と今後の課題は何か。

 「残念ながら、あまり考古学や歴史学の役に立たない」。20日に大阪市内で開かれた講演会で、大阪府立近…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです