メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

言語を越境する隣人たち 堀部篤史(書店 誠光社店主)

 京都という土地柄もあってか、誠光社では近年外国からのお客さまが増えている。特に、台湾、韓国、中国を中心としたアジア圏の観光客が多く、ファッションを含めた見た目も日本の若者たちと大差がないため、日本人と見分けがつかないことだってよくある。9割近くは日本語の書籍を扱う書店に、日本語圏外のお客さんが来ることに首をひねることもあったが、その彼らが村上春樹さんや宮沢賢治の文庫本なんかを買ってくれるのだから面白い。レジを打つ際、釣り銭やクレジットカード支払いのやりとりで声を発したときに、ようやく外国人観光客であることがわかるのだ。海外旅行中に、言語を扱う商店である本屋を訪れ、日本語の本を買っていく彼らは国境だけではなく、言語の壁をも越境する旅人だ。

 先日、小説家の温又柔(おんゆうじゅう)さんをお迎えし、テーマのもと選んでいただいた3冊の本をご紹介…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです