メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

堤剛が新曲初演 栄誉を後進育成に 毎日芸術賞賞金で酒井健治に委嘱

毎日芸術賞贈呈式でチェロを演奏する堤剛=松田嘉徳撮影

 2016年度の毎日芸術賞(毎日新聞社主催、特別協賛・信越化学工業株式会社)を受けたチェリストの堤剛がこれを記念し、独奏曲を世に送り出す。賞金を作曲家への委嘱料に充てた。同賞から曲が生まれるのは約60年にわたる歴史上でも、極めて珍しい。「栄誉を社会に還元し、音楽の発展に生かす方法」を考え抜いたという。未来への希望を込めた新作は堤自身によって来月、初演される。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです