メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

8年ぶり葛尾で運動会 村民も参加 300人が笑顔 /福島

 今春、東京電力福島第1原発事故から7年ぶりに地元で授業を再開した葛尾村の村立葛尾小学校で27日、運動会が開かれた。地元での運動会は8年ぶり。村民300人以上がリレーや玉入れに汗を流し、青空の下に楽しそうな声が響いた。

 2016年6月に村内の大半で避難指示が解除されたが、運動会は昨年春まで、多くの住民が避難した三春町で開催。13年度からは運動会に村民も参加し、原発事故で避難した村民の交流の場にもなった。

 開会式で、小学1年の松本功記さん(6)が「葛尾村に帰ってきたよ」「力を合わせて頑張ろう」と元気に開…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文512文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです